婚活のスタートが遅すぎるという事はありません。

20代での結婚は勢いで進められることも多いが、30代後半、40代、50代と年を重ねていくと、結婚することに慎重になってゆく。年を経るごとに、結婚相手の候補者は年々少なくなっているというのに……。
40代になって、周りの友人が結婚をしたり、家庭を持つことで、今まで趣味や友情に生きてきた男性も「焦り」のようなものがでてきます。そろそろ自分も結婚を、という風に考えた時が婚活のスタートのタイミングです。そのスタートが遅すぎるという事はありません。

自分の結婚したい理由は何?

なぜご自分結婚をしたいのか、なぜパートナーを得たいと思っているのかについて整理する事が重要です。周りに流されて漠然と婚活を始めると、お相手の理想像がぼやけてしまいます。どんな人と結婚をしたいという、ゴールが明確化していないので達成が難しいのです。

「世間体が悪いから、結婚したい」というような動機の場合、自分が何のために婚活をしているのか気が付かないまま婚活をする事になります。「特に子供は欲しくないけど、独りだと寂しいから」とか「独身だと仕事で色々言われるから」と言うような場合もあるかもしれません。「若い女性と付き合って周りから羨ましいと思われたい」「子供が欲しい」と云う目的でも構いません。
自分がなぜ婚活をするのか、そのことに一度向き合って下さい。

何故結婚をしたいのか、どんな人と結婚したいのかを明確にしないと、お相手の条件も定まりません。世間に流されて結婚をする必要が本当にあるのかという問題もあります。本当にパートナーを得て幸せになるために、結婚という形が必要だと納得してから婚活を始める「覚悟」をもって頂きたいです。そうする事で、婚活に対する真剣さが代わってきます。

結婚する目的が明確になったら、お相手条件も明確にする。

「独りだと寂しいから」「老後不安だから」といる理由で入会を希望される方が多くいます。一人だと寂しいと云う理由は男女問わず、婚活の理由としてあげていますし、誰かと寄り添いたいというのは立派な婚活の動機です。その目的に合うお相手の条件を決めていきます。

私は、どんな厳しい条件も否定はしません。

只、条件を1つ付けるだけで、30~50%の人との出会う機会が減少します。
それを補えるのは、時間しかありません。ひたすた自分の条件に合う人と出会えることを待つことです。
可能性はゼロではありません。そんな成婚カップルも多く見てきました。
途中で挫けそうになったり、迷いが出てくることも有るでしょう。でも常に私と一緒に二人三脚で婚活をしている事を忘れないでください。成婚に向けてあらゆる手段を講じています。

私たちは一人でも多くの人が、望み通りの人と出合えるように全力でサポートします。