結婚相談所で「婚活」6ヶ月で結婚する人の特徴 ~男性入会編~

毎日いろいろな方からの問い合わせや、面談をします。
すぐにお相手が見つかったり、結婚に結びつく人がいます。又、中々「縁」に恵まれない方もいます。
その差は何でしょうか?最近の傾向も含めて、男性の方にお伝えしたいと思います。

最初の電話がすべてを決める

色々な媒体を見て私の所に連絡をされてきますが、メールでの問い合わせでも最初はこちらからお電話をします。その対応で 1.すぐにお相手が見つかりそうだ。2.少し時間はかかるがみつかりそう。3.無理!と3パターンに分かれます。

1.お相手がすぐにみつかりそうな方の対応

「〇〇を見てお電話しました。〇〇といいます」
このように電話がかかってくると、この人には何としても良い人を見つけて紹介してあげたい!と思うものです。 実際多くの方がお相手を見つけて、笑顔で「成婚退会」されていきます。笑顔の男性
営業関係の仕事をされている方が、このような電話を掛けると思われがちですが、実は職業は関係ありません。 ぞんざいな態度で話を進めて、職種を聞いたら「営業職」だったなんて事は珍しくありません。
このような応対ができる人は、多くありません。
少なくとも、電話を掛けたり受けたりする時には、名乗る習慣をつけるだけでも「結婚」に近づきます。
こういう方は出会いさえあれば、すぐに女性も見つかります。年齢・年収・容姿は一切関係ありません。

2.少し時間はかかるが、見つかりそう

こちらの問いに対する回答に時間がかかる人・リアクションのうすい人は、じっくりと会話をすると理解して答えてくれるようになります。うつむく男性万人受けはしないのですが 以外に、結婚相談所に入会される女性にもてるタイプです。 「お見合い」の時は、喫茶店など周りに人がいるところで行いますので、オーバーリアクションの方や声が大きい人が上手く行かない事があります。 女性との交際経験が少ない方に多く見られます。
年収・学歴などの条件が、飛びぬけて良くはないが平均以上の方が多いようです。
只、余りにも反応のうすい方は、女性に不信感を持たれるので要注意!!

この人は、無理!

「いくら掛かる?」「女性は何人いる」「今 すぐに入会したい」 いきなり電話口でこんな風に始まる人は、まず入会すらお断りします。たとえ上場企業に勤めていて高年収で、高学歴の人でもお断りです。
自分で女性を見つけられないから結婚相談所のお世話になるのに、こんな態度で接してくる人には「ご自分で探してください。」とお答えします。無理
このタイプは、女性に対してからっきしダメな人に多くみられます。万が一 交際になったとしても、最初からマウンティングしてくる人は、後々女性に対しても同じように接するからです。 全年齢・全年収・全学歴にみられます。

婚活の決め手は「相手へのおもいやり」

おおげさじゃないの?と思われるかもしれませんが、これでも少し控えめに表現しています。
結婚相談所への電話は、クレームでも購入希望でもありません。
結婚相手にいかに早く良い人に出会い、スムーズに結婚するために、入会するための電話です。
まず、私とあなたの間に信頼関係が築けなければ、適切な助言もスムーズな進行もできません。
なにより、独りよがりの行動をとる人に、惹かれる女性はいません。

常に、自分のふるまいを相手はどう感じるかを考えて行動することが大切です。
婚活だけではなく、すべての人間関係がうまくいく秘訣です。

お電話でのお問合せメールでのお問い合わせ
電話でのお問合せメールでのお問合せ